依頼する

機材もTシャツも揃っている環境なのであれば、オリジナルtシャツを自分で作ることもできる。しかし、中々感光乳剤や紫外線を当てる機器、Tシャツ用の版を持っている人は少ない。
このため、オリジナルtシャツといっても作成は外部に依頼することになる。服を作っている場所といえば、一つの会社というイメージがある。デザインから製造まで一つの流れの中で計算して行っている。
流通の数が多く売り上げが高いほど、製作にかかった費用を回収できるということになり、そうなれば会社の利益を生み出すことができる。
オリジナルtシャツが大量に必要となるとはいっても、着用する人の数は限られてくるので、そんな小ロットの製造を引き受けてくれる会社は無いと思いがちである。

しかし、少し探してみるとオリジナルtシャツを作っている場所はたくさんある。しかも枚数が一枚からでも製造可能とするような、珍しい場所まで存在している。
一枚からオリジナルtシャツが製作可能な場所では、店内にデザインできる場所を設置し、いろんな道具を用意し自由に利用者がオリジナルtシャツをデザインできるようなサービスを提供している。
型紙をステンシルでtシャツに定着させたり、自分で描画したデザインをtシャツにプリントしたりすれば、この世に一つしかないオリジナルtシャツが完成する。
デザインに自信がない人であれば、Tシャツ工房にデザインから作成を依頼することも可能である。その場合、デザイン料が製造費用に組み込まれることになる。
また、既製のデザインを選んだり、自分でデザインを持ち込んだりすれば、納品まで一週間で作成することも出来る場所がある。

TOPへ