簡単にできる

子供から大人まで共通して着用することのできるファッションアイテムとして、Tシャツは長い間重宝され続けている。表面にボタンや襟などもないので、つけやすいといったことが理由である。
しかもファッションには意味というものが加わってくる。形式や使っている布の関係で、一目見れば所属している階級などを知ることができるのである。
今では無地のTシャツで、どこのブランドとも知れないものを着用するのが流行っているという。無地や何らかの字が表記されていないものであれば、そのファッションに「意味」がもたらされることがないからである。

また、Tシャツはプリントなどの加工が簡単であるというところも魅力的である。スタッフであればSTAFFと書いた字を背面に施せば人目で役職が分かる。サッカーユニフォームなどは簡単にいえばTシャツに字をプリントしたものである。
このように、プリントの種類次第でいろんな加工が可能なのである。子供に人気のヒーローもの洋服を見ればわかるが、同じようなTシャツでも違うヒーローをプリントすれば、全く違う客層が購入することになる。
プリントのデザインさえ変えれば、同じようなTシャツでもオリジナリティを発揮することができるのである。このため、オリジナルグッズを作るというときにはよくTシャツが使われることが多い。
加工の方法とは基本的にプリントスクリーンである。布用のプリントスクリーンインクは一般向けにも販売されており、家庭用のプリントスクリーン機器も販売されている。

TOPへ